ダビマス ルインズリープ×サクラユタカオー W完璧1

最近全く強い馬ができないため、

王道ではあるが、ルインズリープからのW完璧をやってみることにする。




ルインズリープを購入しまずはサクラユタカオーを配合。

ここでスピスタBDもしくはCC以上の肌馬ができて欲しいが・・・

初っ端から幸先が悪い事態が・・・

なんと6回種付して牝馬は2頭。

まずは1頭目

スピスタCD

2頭目

余談だが、牡馬にはスピスタBDが2頭出たので、

スピBなら普通に狙えそう。

しょうがないのでこの2頭からキングズベストへ繋げていく。



まずは2頭をウマゲノムで調べてみる。

フルーレの方がスピードは高いが、ネオンの方がスタミナはありそう。

この2頭からならスピスタBCの肌馬はができそうだ。

で各馬4~12歳まで種付。

フルーレは10歳、11歳と牝馬が続いたため12歳は必ず牡馬が産まれるので、

この時点で売却。ネオンも11歳の種付時は前2年が牝馬が連続したため

種付権節約のためにキングズベスト以外を種付した。

フルーレの産駒はこちら

2頭目でスピスタBCが出た。3頭目のサンデーのスクショが行方不明だが

牡馬なので大勢に影響ないためご容赦ください。

その後もスピスタACが出ないか粘ってみるが・・・

スピAの馬は現れず。

まぁティアラ、メッシュ、テーパードとスピスタBCの肌馬が3頭できた。

ネオンの実績はこちら

こちらはもともと最大値がスピスタBCの為、

跳ねることは期待せず黙々と生産。

スピスタBCの馬が3頭産まれうち1頭が牝馬。

これらの肌馬を使い〆のグラスワンダーの完璧配合を行っていく。

続きはまた次の記事で。



コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA