凱旋門賞2017 考察

いよいよ明後日ですね。




ここにきて良馬場での開催が見込めるという話になり、

サトノダイヤモンドがもしかしたら・・・という

記事も見受けられる。

ただハイランドリールが重馬場を嫌い出走を取り消したという

ニュースもあり、基本馬場は良くないことを前提として

馬券を組み立てていく。

ただ正直全くわからん。

エネイブルは別格として気になるのは

有利とされる3歳牝馬のウィンター。

名門オブライエン厩舎の所属で今回も5頭出しの中の1頭。

あとは日本でもおなじみCデムーロ騎乗のブラムト。

とにかく紐荒れを狙いエネイブルから狙っていく。

サトノダイヤモンドは予定通り切る方向で。




コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA