京阪杯2017 考察

京都2歳Sが9頭立ての小頭数。



ジャパンカップは穴馬は結構いるが、

キタサンとサトノが頭一つ抜けている印象。

京阪杯が今週は一番面白そう。

あなた
の印※
馬名 性齢 負担
重量
騎手 厩舎 予想
オッズ

お気に入り馬
登録 あなたのメモ
牝4 54.0 四位 浅見 5.3 2
牡5 56.0 アッゼニ 西浦 91.0 13
牡5 56.0 石橋脩 斎藤誠 67.5 11
牝3 54.0 北村友 安田隆 8.3 5
牡4 56.0 松田 上原 6.1 3
牝4 54.0 川田 鮫島 2.3 1
牝4 54.0 吉田隼 南井 131.0 16
牡6 56.0 和田 須貝 76.7 12
牡7 56.0 国分優 西浦 93.3 14
牡5 56.0 高橋亮 106.3 15
牡6 58.0 吉原寛 40.7 9
牡6 56.0 古川 10.3 6
牡4 56.0 大野 清水久 27.0 8
牝5 55.0 三浦 松元 13.4 7
牝5 55.0 シュタルケ 池添学 7.7 4
牡6 56.0 森一 松永昌 61.1 10

※netkeibaより抜粋

さてオパールステークスでお世話になったソルヴェイグ、ヒルノデイバロー、イッテツが

そろい踏み。フィドゥーシアも引退レースもあり人気を落としいい感じのオッズになりそう。

凡走続きのセイウンコウセイは終わったのか、いずれにせよ3番人気なら消し。

展開は

逃げ

ソルヴェイグ、フィドゥーシア

先行

アットザシーサイド、アルマワイオリ、イッテツ、タマモブリリアン、ネロ、

ヒルノデイバロー、ラインスピリット

差し

ジューヌエコール、セイウンコウセイ、ダイシンサンダー、ナリタスターワン、

ビップライブラリー、メラグラーナ

追込

ティーハーフ

脚質はやや前目の馬が多いが、短距離レースならこんなものだろう。

軸はやはりソルヴェイグか。

あと個人的に追いかけているヒルノデイバローは外せない。

穴馬はイッテツ、フィドゥーシア、爆穴に北九州記念2着のナリタスターワン。

3か月ぶりの休み明けでも京都1200m2勝してるし、15番人気は人気なさすぎ。

結論は日曜日。




コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA