京都金杯2018 考察

今日から仕事始め。




当然のごとく出されたお酒は全部飲み干して帰ってきました。

・・・やっぱり2歳重賞の予想は当日に。。。



あなた
の印※
馬名 性齢 負担
重量
騎手 厩舎 単勝
オッズ

お気に入り馬
登録 あなたのメモ
1 1 牡6 54.0 岩崎 今野 36.5 12
2 2 牝4 54.0 藤岡康 角居 4.9 2
3 3 牡7 57.0 丹内 高橋裕 29.5 10
4 4 牡4 56.0 松山 音無 24.4 9
4 5 牝4 54.0 池添 松下 33.1 11
5 6 牡6 56.5 北村友 橋口 21.7 8
5 7 牡4 56.0 庄野 3.4 1
6 8 牡5 54.0 大野 斎藤誠 17.3 7
6 9 牡6 57.0 武豊 西浦 6.8 4
7 10 牡7 56.5 藤岡佑 橋田 78.0 13
7 11 牡4 55.0 高倉 宮本 7.4 5
8 12 牡6 57.5 津村 西園 14.0 6
8 13 牡6 57.5 浜中 高野 6.4 3

荒れるハンデ重賞の方が面白いしね。

展開は

逃げ

ダノンメジャー、ウインガニオン

先行

マイネルアウラート、アメリカズカップ、レッドアンシェル

差し

マサハヤドリーム、ラビットラン、カラクレナイ、ストーミーシー、スズカデヴィアス、

クルーガー

追込

ブラックムーン、キョウヘイ

メンバー的にはちょっと後ろよりかな。

ダノンメジャー、ウインガニオンともにここ数戦は番手の競馬なので、

どちらがいくのか。

開幕週だしペース次第では行った行ったもありえそう。

ただウインガニオンはトップハンデ+8枠がマイナス要素。

8番人気なら軸はダノンメジャーか。

相手本線はラビットランかレッドアンシェルだが、

穴狙いでカラクレナイを狙いたい。

秋はいまいちだったが、なんだかんだで桜花賞4着馬。

実績はここでも劣っていない。

人気が落ちたここが狙い目。




コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA