チャレンジカップ2017 考察

ここも13頭立ての小頭数。




 

ただチャンピオンズカップは荒れにくい(ダートGⅠ)ので、

今週の勝負レースはココか。

あなた
の印※
馬名 性齢 負担
重量
騎手 厩舎 予想
オッズ

お気に入り馬
登録 あなたのメモ
牡3 55.0 M.デムーロ 池江 2.6 1
牡4 56.0 鮫島 14.5 6
牡3 55.0 山口勲 九日俊 218.6 12
牝7 54.0 C.デムーロ 角居 10.1 5
牡4 56.0 228.8 13
牡3 55.0 柴田善 佐々木 4.0 2
牝5 54.0 酒井 鈴木孝 29.0 8
牡7 56.0 丹内 相沢 14.8 7
牝5 54.0 松元 5.7 4
牡5 56.0 和田 今野 39.6 9
牡6 56.0 橋田 73.4 11
牡5 56.0 C.ルメール 手塚 5.0 3
牡5 56.0 福永 庄野 44.5 10

※netkeibaより抜粋

展開は

逃げ

スーパーマックス、プリメラアスール、マイネルミラノ

先行

サトノクロニクル、ジョルジュサンク、マキシマムドパリ

差し

ブレスジャーニー、マサハヤドリーム、メドウラーク、モンドインテロ、レッドソロモン

追込

デニムアンドルビー、ニシノジャーニー

 

サトノクロニクルとブレスジャーニーが人気だが、

どちらも古馬とは初対戦。

弱くはないと思うが、菊花賞も惨敗だしここも積極的には買いにくい。

ブレスジャーニーは2歳時の戦ってきた相手から突き抜けてもおかしくないが、

右回りにも疑問が残る。

穴馬はメドウラーク。連続3着でも人気は上がらず、ここも狙い目。

出来れば内枠を引いて足を溜めて欲しい。

前走放馬で除外のジョルジュサンクも順調なら狙いたい1頭。

あとは福島記念より2kg軽くなるマイネルミラノ。

開幕週の馬場で先行できれば粘り込みもあり得る。

結論は枠と調教を見て。

 




コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA