ダビマス 4.5周年究極凄馬記念前夜祭第2段は引くべき?

おはようございます。いよいよBTCレースが始まりますね。

ボーナスOK。

名声ポイントもそこそこ頑張った。

あとはレース用の馬が勝てることを祈るのみ。

で今日は

こちらについてコメントを

ラインナップはこちら

今回はヘイルトゥリーズン系の究極凄馬がズラリと並んだラインナップ。他にもオグリキャップ覇煌やタマモクロス剛健、ラムタラ剛健と魅力的な強非凡がズラリ。正直今回も持っていない種があれば是非引いておきたいところだが、確率渋いし、本祭もあるので、ご利用は計画的に。

○オルフェ―ヴル覇刃 リリース当初はその非凡の強力さから公式BCでも猛威を奮っていたが、非凡の発動率(番手縛り、人気縛り)から成績が安定しないため、一時程の人気は落ちてきたかな。それでも直配合、1薄め配合ができ、配合もしやすいので取れるなら取っておいて損はない。

◎オグリキャップ覇煌 ミスタープロスペクター極走の登場で私自身オグリキャップ覇煌の因子の使用度は減ってきているが、ネイティヴダンサー系唯一の因子持ちと強非凡のため、因子要員、非凡狙いのどちらも優秀。

◎グラスワンダー覇走 リファールと同じく、実安AC種で気性もA。スピード130出る種なので、ヘイルトゥリーズン系〆なら1番手にくる。自身の代表産駒エンドロールも〆はグラスワンダー覇走を使用。また直配合、1薄め配合もでき非凡も強力なため、持ってない場合は非常に欲しい種。

○エルコンドルパサー覇走 レイズアネイティヴ系の種は実安ACの才能5枠がいないため、実安ABで距離適性1200~3600mカバーのこの種が非常に価値がある。安定落としても気性はB残るので、レイズで〆る場合は最有力候補の種。欲しい。

◎スペシャルウィーク覇煌 リリース当初はそこまでだったが、非凡の使い勝手の良さ、直配合、1薄め配合等の配合成果が出る度に人気がでて、今やグラスワンダー覇走をも超える人気種。先の公式宝塚もスペシャルウィーク覇煌非凡持ちが優勝しており、非凡の発動するレースでは今後も活躍が望める。

○ジャスタウェイ覇走 こちらは1薄め配合が種になってくるのかな。実安ACだが気性B距離適性の関係からグラスワンダー覇走、スペシャルウィーク覇煌には一歩劣る。

○ドリームジャーニー覇煌 オルフェ、ゴルシともに同じ配合で使えるので、持っていれば汎用性は高い。従来の種より距離適性も改善されているので、使いやすくなっている。

▲ハーツクライ覇走 血統的な魅力は薄いかなぁ。非凡は強いので有馬記念用生産したい時に候補に挙がるか。

▲タマモクロス剛健 なくても困らないが、次回公式春天の特化非凡なので、引けたら狙ってみる?

▲ラムタラ剛健 こちらもなくても困らない。凱旋門賞用を生産する際に候補になるかな。

と一通り見てきたが、正直なところグラスワンダー覇走、スペシャルウィーク覇煌をともに持ってない場合はなんとしても引きたい。そうでなくてもジャスタウェイ、オルフェ、ドリジャもヘイルトゥリーズン系の実安ACなので、そもそもヘイルトゥリーズン系実安AC5枠種を持っていない人は最低でもどれか1つは引きたいかな。

他はオグリキャップ覇煌は因子要員としても優秀。

グラスかスぺとオグリを持っていれば無理せず、本祭待ちでいい気がするね。

あくまで個人的な見解なのでご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA