ダビマス 自家製タピットを使った完璧配合2(キングズベスト完璧と種馬生産)

前回まででキングズベスト完璧までの肌馬を生産。




これからキングズベストを付けて完璧な配合を行っていく。

ゲノムの結果がいいオアシス、スミレを中心に生産。

ここでBB海外以上が出れば最高なんだが・・・

キングズベストを21回種付し、スピスタBBが6頭(すべていくつかのタイトル)、そのうち牝馬が3頭産まれたため、

この3頭を肌馬にしていく。

続いてキングズベストの肌馬に付ける自家製ダンスインザダークの種馬を生産していく。

配合はダンスインザダーク×[ファスリエフ×(ノボトゥルー×ナスルーラ系牝馬)]

まずはナスルーラ系の繁殖牝馬を購入し、ノボトゥルーを種付。

名牝でマジェスティレイが売られていたのでそこから始める。

ここは最終的にダンスインザダーク産駒で重賞が勝てればいいので適当に。

牝馬が3頭産まれ能力もそこそこ。

ここにファスリエフを種付していく。

ダンスインザダークを付けて重賞を勝たせるためにもここでスピードCの肌馬が欲しいかな。

6頭牝馬が産まれすべてスタミナEとは・・・。

配合理論なしの実績安定Cならこんなもんかな。

ゲノム解析もいまいち。

スピードCが見込めるクイーンとプレミアで生産。

なんとジャックはまさかの重賞勝てずで種牡馬入りできなかったが、

4頭無事種牡馬入り。

ゴールデンが実績Aを引き継いでくれた。

種馬の準備が整いスピスタBB肌馬に種付をと思っていたらここで事件が・・・




コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA