ダビマス 真壁配合一周目

いやー真壁ヤバいですね。

生産の仕方が劇的に変わってしまいます。みなさんこの機会に直配合や肌作りの大変な母父ステイゴールド等いろいろやられていると思いますが、自分も普段ならなかなかやらないこの2つの非凡を狙った配合をやってみました。

ライスシャワーは次回公式用も兼ねて、ナリタブライアンはホントに好みですね。この2頭とも母父直で完璧を組んで〆に相性完璧もイケるのですが、ライスシャワーは安定Cがナリタブライアンは因子の関係上肌でスピードAが非常に出しずらい。そこで

どちらも種側の父母父に持ってきて最後は大絵馬で非凡を引っ張ってくるという荒業生産。肌作りはほぼスペシャルウィーク1薄め配合の流用。

配合の流れは

①エアグルーヴ×Ne系牡馬

②①牝馬×メジロデュレン剛健

③②牝馬×〔(Sw系牝馬×シンボリルドルフ剛健×ミスタープロスペクター極走)×(父メジロデュレン牝馬×トウショウボーイ×スペシャルウィーク覇走)〕

スクショ漏れてますが完璧な配合でメジロデュレンのクロス。

④③牝馬×〔(父メジロデュレン牝馬×トウショウボーイ覇禊×シンボリルドルフ極走)×(Ne系牝馬×ハイフライフロー覇煌×スキャットダディ)〕

シンボリルドルフ、トウショウボーイ、メジロデュレン、ミスタープロスペクターのクロス。モガミはおまけ。

⑤④牝馬×スペシャルウィーク覇煌4回薄め

スペシャルウィーク、メジロデュレン、ハイフライフロー、ミスタープロスペクター、トウショウボーイ、シンボリルドルフのクロス。

種側は

①スペシャルウィーク覇煌×エルプス

②①牡馬×(マリアライト×メジロデュレン)

③②牡馬×(Ne系牝馬×ミスタープロスペクター×ハイフライフロー覇煌)

④③牡馬×(父シンボリルドルフ剛健牝馬×トウショウボーイ×ライスシャワーorナリタブライアン覇走)

④のみ完璧。

②のメジロデュレンを剛健使えば長距離クロスを1本増やせますが、長5になるので、あえて通常デュレンで。

肌までは

真壁生産だと肌AA用意するのも簡単ですね。実績積むのもほぼ1頭ずつで快適。

〆のゲノムも若干上振れしてる?

この生産楽しいですね。解析AAスピタイプの時に大絵馬付けて

簡単にAA非凡持ちが産まれてくる。中身があるとは限らないけど。

一応スタミナ足りない凱旋門十分や

真壁2回不発で種付したら牡馬250オーバー非凡なしを経て、

この馬が、

配合限界キター

3歳7月のピークアウトも乗り越え無事に次回公式天皇賞春用になりました。

あとは

113-126不良専用機ぐらいかな。

ナリタブライアンの方は4回チャンスがきたがスピードが全く跳ねず凱旋門十分も0。

あとは残念AAたちがこちら。

当たり前ですが真壁利用しても配合限界がポンポン出るわけではないのですね。ただ、いつもに比べて配合しにくい非凡も狙えるので配合の幅が広がって楽しいですね。

さて、次いってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA