ダビマス 母父ブライアンズタイム1薄めをやってみた

そういえば第34回公式BCの前後からアクセス数は多い日は1日1000件を超えており、ありがとうございます。

今後もボチボチ更新していきますので、覗いてやってください。

質問等あればコメント欄もしくはTwitterのDMでいただけると幸いです。

さて、今回は非凡は付けばラッキー程度(小絵馬使用で狙いますが)で調教戦もしくは地力戦を狙った配合を。

ブライアンズタイム1薄めからのグリーングラス低相性〆。

気づかれたかもしれませんが、

ブライアンズタイム覇煌は引けてないんです。でも1995もかなり強いので、今回はこれで頑張ります。

配合の流れは

①キングズベスト×エイシンサニー(ここは何でもいいです高ステ牝馬を作るため)

②①牝馬×ポッセ

③②牝馬×メジロデュレン覇煌

④③牝馬×サンデーサイレンス極走

⑤④牝馬×〔(父サンデーサイレンス牝馬×シンボリルドルフ剛健×ヌレイエフ瞬走)×(父メジロデュレン牝馬×ミスタープロスペクター×トウショウボーイ覇禊)〕

フォルリ、サンデーサイレンス、メジロデュレンのクロス。

⑥⑤牝馬×(父ヌレイエフ牝馬×ミスタープロスペクター極走×シンボリルドルフ極走×ブライアンズタイム)

ヘイルトゥリーズン、シンボリルドルフ、ミスタープロスペクター、ヌレイエフのクロス。

⑦⑥牝馬×グリーングラス闘煌5回薄め

シンボリルドルフ、トウショウボーイ、サンデーサイレンス、ミスタープロスペクター、ヌレイエフ、メジロデュレンのクロス。

種側は

①グリーングラス闘煌×Ns系牝馬

②①牡馬×ハイベロシティ

③②牡馬×(ハルーワスイート×シンボリルドルフ剛健)

④③牡馬×(ダンスパートナー×セキテイリュウオー)

⑤④牡馬×(父サンデーサイレンス覇煌牝馬×メジロデュレン剛健×キングマンボ)

④⑤は完璧。

④のセキテイリュウオーが実安CCなので、Ro系牝馬にトウショウボーイを付けて生産した牡馬の方がいいかも。

肌までは

今のところBA肌は確保。ACも出てたのでAB肌はそのうち引けるでしょ。できればAA肌もお願い。

長距離クロス4本の力か

スタミナ中央値Aが見える。まぁ安定Cなので、跳ねるの待ちだけど。調教戦用はここで引きたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA