ダビマス 母父ブライアンズタイム1薄めをやってみた③

ホントにやったかと思いましたよ。

ということはやってないんですけど。。。

〆種がグリーングラス闘煌なので、スピスタ最大値が128‐128。そのため最大値を引いた場合、真ん中のコメントが「バランスの取れた・・・」となります。

このネオエンドロールの肌はAAだったので、これはやっただろうと思っていたのですが、

???予定のコメントと違う。・・・112‐112でした。

今回の配合の最大の見せ場でしたが、残念。

ただ今回の配合は優秀かな。

AA11頭。ネオエンドロール、先の記事で9頭産まれてるので、計21頭。120発だったので、2割近くがAAでしたね。

中身は

もうこうなるとほぼAAしか測ってないですが、凱旋門4頭かな。

で実はこれで終わりではないんですよ。

これが

3頭目のUMAも。

非凡なしと。。。一応調教戦用に才能付けたんですが、何を血迷ったか神楽を付けてしまいました(´;ω;`)

何やってるんだか。

とりあえず、残骸BA牝馬を起点にひさびさにオルフェやろーかな。

なんか来たけど

インリアリティ安定どうだろ。Bなら欲しいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA