ダビマス 志乃さんの思い出 青鹿毛で桜花賞クリア

ダビマス時間で1700年。




凱旋門賞制覇も苦戦が続いているが、

もう一つ裏シナリオで苦戦していたのが、

青鹿毛の牝馬で桜花賞制覇。

これは青鹿毛の牝馬で早熟、さらに天候晴で1番人気で1馬身差以上の着差で勝利と、

かなり運の要素が強い。

何度となく天気や人気、1度だけ着差に阻まれてきましたが、

ついにクリアできる日が来ました。

やってくれたのはこの馬。

2つ前の記事のステイゴールド〆の肌作り中にできたダイワメジャー完璧の産駒。

細かい配合は下記参照

ダイワメジャー完璧からのステイゴールド完璧締め

強敵にウォッカ、ハープスターがいるが、BB海外なら人気も大丈夫。

ダイワメジャー産駒は気性がいいので入れ込みもなし。

見事8馬身差の完勝。

長かった。まさかダビマス暦で約1700年もかかるとは。

今回たまたま青鹿毛の牝馬が産まれてくれたが、

このシナリオはなかなか狙って攻略できないので厳しいですね。

初めてダイワメジャーでの完璧配合にトライしたことも良かったのかも。

ダイワメジャーなら早熟馬が産まれやすいし。

後はメインシナリオの残り、凱旋門賞だ。

ちなみにこの間はリーディングオーナーズがあり、

ゴーストザッパーGET。

今回は全開よりもプレミアム抽選権が多かった気がする。

引き続きダビマス頑張ります。




コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA