ダビマス 公式BC凱旋門賞を考える

王座予選突破者決定しましたね。

一応予選決勝にまでは進んだので、辞退者が出た場合は繰り上げ参加できたんですが、

そりゃみんなこの舞台のために必死で生産したので出ますよね。

さて今回は趣向を変えて次回公式BCの一つ凱旋門賞をやるなら自分ならどうするか記事にしてみようと思います。今回は主に非凡選択ですね。

フォーチュンドリームボールの予想依頼書の確率が改善されたので、予想依頼書で非凡を無理やり付けるという荒業がやりやすくなりました。

これがなければバゴ覇煌やオルフェが中心の戦いになっていたかなと思ってますがもうわからんですね。

気になる非凡を脚質ごとに上げていこうかと逃げはないのでまずは先行

ガリレオ、モンジュ―は直線発動の特化非凡、ミルリーフはコーナー発動ですね。ガリレオは昨年の王座でも上位陣が使っていた非凡。1年経ってもまだ強いのか気になります。

次は差し

ブライアンズタイムはコーナーから発動で他は直線才能ですね。

ラムタラやセントマークスバシリカは意外と盲点なんじゃないかと。持ってないので実際の非凡の強さはわかりませんが、ちょっと面白そう。

最後は追込

オルフェ覇走と覇刃は文言同じですね。覇刃なら直か1薄め、覇走なら母父直といった感じかな。

セクレタリアトの文言がたくさんあって強いのかどうかよくわかりませんな。

これだけいろいろあるとどれをやるか悩みますがせっかくいろんな選択肢があるので、独自のアプローチでやっていきたいですね。

特にセントマークスバシリカ、ラムタラあたりは母父直でイケるので、ちょっとトライしたいかも(持ってないけど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA