ダビマス リーディングオーナーズ攻略

今週の順位は410位。




ただ今回は1度も行動力を回復せず(というかそこまで時間をかけれなかった)、

にこの結果なので、これなら安定して500位以内は目指せそう。

ひとえに馬の質が上がったことがその要因だと思う。

細かくカウントすればよかったが、行動力を回復していない以上10年も回していない。

それで90,000pt獲得するには年10,000ptずつ稼がなければならない。

ちなみに今回の1位は369,000ptなので優勝するには年10,000ptで37年。

1年回すのに私の場合2時間ぐらいかかるので、74時間。

・・・時間足りない。

そもそもリーディングオーナーズ自体が50時間しかないので、

もっと効率よく回転させ、1年回すのに1時間ぐらいでやっているのかな。

それでも上位陣は寝てないだろうね・・・(;´・ω・)。

実際そこまでの時間はかけれないので現実的ではないが、

1日6時間ぐらいの18時間で全国ランキング500位以内の商品と

結束ポイント70,000ptの商品が入るので、

基本無課金ユーザーの当方としては非常に美味しいイベントだと思う。

特にプレミアム種抽選券が全国ランキング500位以内で3枚、

結束ポイント70,000ptで7枚もらえるので、

毎週プレミアム抽選ガチャが10連ができることになる。




話がそれたが、当方がここ数週間で考えた攻略法だが、

やはりポイントの高いGIレースをいかに取りこぼさないか、これに尽きる。

GⅠが全部で24レースあるが、10,000pt獲得するためには

半分以上は勝利していきたい。

古馬GⅠ

古馬GⅠで勝ちやすいレース

フェブラリーS、高松宮記念、大阪杯、ビクトリアマイル、安田記念、

スプリンターズS、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、チャンピオンズカップ

この9戦はできれば落としたくない。

余裕があれば勝ちたいレース

天皇賞春、宝塚記念、天皇賞秋

ここで1つか2つ取れれば10,000pt/年が見えてくる。

強力な馬ができれば勝ちたいレース

ジャパンカップ、有馬記念

このあたりが勝てる馬がいれば余裕。

次にポイントとなるのは2歳戦とクラシックのGⅠ。

阪神ジュベナイル、朝日杯、ホープフルS、牝馬3冠、牡馬3冠、NHKマイルでGI10レース。

全部で5,200pt(日本ダービーのみ700pt、他は500pt)。

これらはすべての馬が1度しか出走できないので、いくら強い馬でのチャンスは一度。

これらを勝つには(秋華賞、菊花賞を除く)メモリ1か2の早熟馬か

海外コメントが出たスピAあたりじゃないと厳しい。

ということはコンスタントに毎年スピードB以上の早熟馬が少なくとも2頭は欲しいことになる。

(1頭は少なくとも牝馬)

こうなると種付権がまとまって得られて、

早熟で、そこそこ距離適性がある種牡馬を使用しないと難しい。

オススメはダイワメジャーとビッグサンデー。

どちらも早熟で距離適性も1,800mあり、配合理論によってはスピAも目指せる。

これらで2歳戦のうち2勝(連闘も使い)。

春の3歳戦で3勝を狙いたい。

秋華賞まではこの配合で比較的勝ちやすいが、菊花賞は距離適性がアウトなので、

菊花賞用(天皇賞春も兼ねて)の馬を作ることが必要。

あとは種付権だが毎年4頭には種付をしていきたいので、仮に10年回すと40個消費してしまう。

GⅠ3勝すればナシ―ムに売却できるので、そこで手に入れられるウォーフロントや

ビワハヤヒデ、マーベラスサンデー(これらは長距離用)、ウイニングチケット、

ゴールデンホーンあたりを使いうまく回していく。

当然GⅠ3勝できない馬を種牡馬にして自家製種牡馬もうまく使っていけば、

貴重な種付権を使用せずに運営できるでしょう。

ダイワメジャーはBCのグランドマスタークラスまで行けばアラブから

貰えるし、ビッグサンデーも決戦タイキシャトルの初級で貰える。

平日のうちに種付権を集めて週末に臨みましょう。




コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA