ダビマス トウショウボーイ2回薄め2

2周年イベントに向け再びトウショウボーイ2回薄めをやってみた。




起点の牝馬はクジラジャック配合の残骸のこの馬。

ここにゴールドアンドアイボリーを付け、

この牝馬にトウショウボーイ。

ゲノム解析は

トウショウボーイの種が貴重なので、牝馬確定の時に1発だけ、

それでもBCを引くことができた。

ここにセイウンスカイをひたすら連打。

ゲノム解析は

結果は

判で押したようにCC。

次はキングズベスト完璧。

ここでBAを引きたいところだがゲノムは・・・

結果は

BBいくつかが2頭とあとはBCいくつか。

前回はここでBCいくつかしか引けなかったので、少しはマシかな。

ここから先は前回は父ロイヤルチャージャー、母父ニアークティックの種牡馬でゲノム結果のいい種牡馬を付けていく。

今回はダンスインザダーク、ダイワメジャー、タイキシャトル1998の3頭。

 

〆の自家製種牡馬はサクラクレア―にノボトゥルーを付けその牝馬にトウショウボーイで1回薄めの種牡馬を作成。

ミリタリーガール×トウカイテイオーもしくはメジロデュレンの牝馬にマキャベリアンでできた肌に、トウショウボーイ1回薄めで生産。

実績は1頭Aを引き継いでくれた。この計30発で、2周年の決戦用の馬を作っていく。

ゲノム解析は

もうよくわからんがスピスタAB、あわよくばAAが来て欲しい。

結果は

スピAは5/30。

今回は不発だったかな。

一応ブックが決戦サイレンススズカでほぼ無双をしてくれているのが、唯一の収穫かも。

あと余りでウォーフロントつけたら、

スピAが引けた。

また才能のスクショを取り忘れたが、タイキシャトル肌で

一意専心を引き継いだBBが誕生。

マイルチャンピオンシップ専用機として才能を付けたので、

野良BCにトライしてみます。




コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA