ダビマス サンデー、パーソロンで低相性完璧からの相性完璧③

公式BCの方は香港ヴァ―ズで2頭、JCで1頭準決勝までいきましたが、残念ながら悲願の決勝進出ならず・・・。

今回は今までにない手ごたえだったので悔しいですが、しょうがないですね。

で配合の方は

芝8本ダート10本でこんな馬が産まれたので、優秀馬狙いでPt増加権が貯まるのを待ってカレンダーを進めてたので、全然進んでなかったです。

しかもちょっと無茶してケガしたり、5歳3月でピークアウトしたため、優秀馬もうまくいかず。

本題の方に戻ると

やっぱりゲノムはいい感じ。とりあえず今のところは

非凡の継承率が悪いけどそこそこスピードAやスタミナAが出るね。AA4頭は過去最多かも。

中身の方は

これが2耐であとスタミナ120ちょうどが2頭産まれたかな。

そんな中、

こいつがまた優秀馬のチャンスありかも。頼むから5歳3月のピークアウトを回避してー。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA