ダビマス カナロアボーイをやってみた

次回公式に向けて短距離因子を持つロードカナロア直付けからのトウショウボーイ3回薄めに挑戦中。

いろいろ失敗しているので、あんまり参考にならないかもしれないが備忘録の為にアップしていく。

①パシフィカス×ヒカルタカイ

②①牝馬×(サクラクレア―×キングズベスト×サ―パーシー)完璧な配合

③②牝馬×(トキガキタノダ×ゴーストザッパー×サクラスターオー)よくできた配合

④③牝馬×ロードカナロアー瞬発ー 見事な配合

⑤④牝馬×【「ダイワスカーレット×ミリタリーショット」×《タニノシスター×セプテンシンケン》×(何でもいい×ロードカナロア×トウショウボーイ)】完璧な配合

まずミスっているのが②でキングズベストとサ―パーシーを変えれば③も完璧配合になること。

②の父系統をNsではなくMaにすれば、〆のトウショウボーイ3回薄めでクロスを1本足せることかな。

3回薄めは大変だが、トウショウボーイは実績積みが簡単なので、思ったよりはサクサク進むのがいいことかな。あとはロードカナロアー瞬発ーは才能枠4固定だったのがありがたい。

順にみていくと

①のゲノム・・・

ヒカルタカイは宝馬なので交換ptが低くて済むのがありがたい。

予定通りのCC。②のゲノム

ここでBBを引きたいが、10発打って

BC素質止まり。

ここはサクラスターオーが余っていることもあり50発準備。

よくできた配合だとキツイがなんとかBB海外を1頭出せた。

でロードカナロア見事。

BB海外は出せそう。

AB海外1頭。AC海外1頭。他BB海外。直付けなので当然すべて特化非凡持ち。

これでトウショウボーイ3回薄め相性0を付けていきます。クロスはロードカナロアの短距離のみ。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA